独学でも合格できる│行政書士の勉強を始める前の心構え

スケジュールを立てる

六法全書

行政書士試験を独学で突破するためには、どんなスケジュールでいつまでに合格するのかしっかりゴールを決めることが重要です。そこでどんな風にスケジュールを立てるべきか知っておくとよりためになる情報を把握しておきましょう。一般的に行政書士の試験に合格するには、1,000時間ほど勉強する期間が必要と言われています。独学でこの試験に合格するには、さらに時間が必要になることもあります。そんな時間を無駄にせず、短縮してより短い期間で行政書士試験に合格することは困難だと思っている人もいるかもしれませんが、計画さえしっかり立てることができれば意外と可能なのです。半年で行政書士試験に独学で合格を目指すのであれば、1日たった3時間未満の勉強時間で大丈夫な計算になるのです。社会人であっても空いた時間を有効活用すれば半年で合格することは可能です。
また独学で行政書士の試験に合格するには、ただ問題を解くだけではダメです。知識を取り込むことがとても大切になるので、テキストだけを見るのではなく、教材のDVDや実際に行政書士として活躍している人からいろいろ話しを聞くことも必要になるのです。また行政書士の分野はとても幅広いので、民法や商法など細かく分類して今日はどの部分を勉強すべきなのかスケジュールに予め記入しておくと良いでしょう。また実際に知識を身につけた後は、それをアウトプットすることで、より忘れなくなります。独学なら過去問を何度も解くことで、それができるようになるでしょう。