独学でも合格できる│行政書士の勉強を始める前の心構え

スケジュールを立てる

六法全書

行政書士になるためには当然試験に合格しなければいけません。独学で試験に合格したいのであれば、綿密なスケジュールを練っておく必要があるので、計画を立てるときのポイントを把握しておきましょう。

詳細を読む

必要になる資格

勉強道具

従業員の人数によって、適用される法律があります。この法律に合わせて管理者は必要な資格を取得する必要があります。その資格が衛生管理者です。この資格がどんなものなのか企業の管理者は理解しておきましょう。

詳細を読む

教材の違い

メガネと法律書

行政書士になりたいのであれば、まず勉強法をどうするか決める必要があります。一般的には大学や専門学校で勉強し資格を取得することが手っ取り早い方法ですが、最近では独学で合格するための教材を利用した勉強方法も人気があります。独学専用の教材といっても2つに分類することができます。1つ目は市販の行政書士教材です。これを利用して独学で行政書士試験を突破できた人はやはり自分と相性のよい教材を見つけていたからでしょう。実際に書店などで販売されている行政書士の教材は何種類もありますが、その中でも自分が見て理解しやすいのか、どうか中身を確認しておくことが大切なのです。そうすることで、どの教材を選ぶべきか簡単に選べるようになります。また教材によっては出題される範囲がとても深く絞りこまれたものから、広く浅くをモットーに作られた教材まであるので、そのポイントも購入前に確認しておきましょう。2つ目の教材ですが、通信講座のテキストを利用したもので、合格に必要な知識をピンポイントで絞りこまれているものが通信講座の特徴です。ただ、行政書士の合格に必要な知識はとても幅広いので、それなりの範囲は勉強する必要があります。他のテキストと比べると覚えるべきポイントが限られているので勉強が苦手な人でも比較的スラスラと勉強できます。このように独学で行政書士試験に合格したいのであれば、自分に合った方法はどっちなのかしっかり判断しておく必要があります。

経験を積む

介護士と老人

介護に関するサービスは今とても注目されており、資格を取得したいと思う人も増えてきました。そんな介護業界で役立つ資格と言えば「介護福祉士」です。知識と技術を身につけてこの資格を取得しましょう。

詳細を読む